IFCについて

川田ゆかり(IFC社長)著書

川田ゆかり(IFC社長)執筆参加
『不妊・不育診療指針〜The Perfect Guide for Infertility〜』発刊の御案内 <2016年11月>

■不妊に悩む女性が増加しているなか、本書では、日進月歩で進歩する不妊症・不育症の診療を行ううえで必須の基礎知識やポイントを可能な限り網羅し、丁寧に解説した。

執筆陣には現在まさに活躍しているエキスパートを揃え、実現場で遭遇する種々の問題点や疑問点、盲点などを自身の経験を踏まえて解説いただいた。

医師のみならず、不妊不育診療に携わる看護師や胚培養士、カウンセラーなどにもお薦めの、バイブルである。

詳細ご案内

川田ゆかり(IFC社長)共著
『 図説 よくわかる臨床不妊症学 不妊症治療 up to date 』
電子書籍発売のご案内 <2013年5月>

■本書は医療関係者用の専門書ですが、わかりやすく説明されていることから、患者様からもご好評いただいており、この度電子書籍版として登場しました。
この電子書籍版は、iphone, ipad, Androidタブレットにてダウンロードが可能となっています。(PCでお読みいただくことはできませんのでご了承ください。)

詳細ご案内

川田ゆかり(IFC社長)共著
『 図説 よくわかる臨床不妊症学 不妊症治療 up to date 』
発刊のご案内 <2012年8月>

■本書は医療関係者用の専門書です。中外医学社から直接、あるいは、全国の紀伊國屋書店等、医学書の取り扱いのある大型書店でお求めいただけます。

不妊治療の最前線で活躍する専門家が,図表を多数使用し判かりやすく解説して好評を得た「図説よくわかる臨床不妊症学」シリーズの第3弾。治療のコツやポイントなどを最新の知見と共に紹介しており、この領域に携わる全てのスタッフにとって役立つ必携の書。

詳細ご案内

川田ゆかり(IFC社長)共著
『図説 よくわかる臨床不妊症学 生殖補助医療』
初版ご好評につき、改訂二版が発刊となりました <2012年9月>

■深刻な少子化が問題視される現代社会において,不妊治療や生殖補助医療(ART)の役割はますます重要となってきています。本編では,現在ARTの最前線で活躍する専門家が、ARTに関わるサイエンス、実務業務ならびに将来展望まで解説。

この改訂2版では,最新の知見を踏まえてさらにブラッシュアップ。わかりやすい図表を多数盛り込み、婦人科、不妊治療科、IVF専門医療施設などで医療に従事する看護士、准看護士、エンブリオロジスト、臨床検査技師、臨床心理士、ソーシャルワーカー等の方々のための最新専門情報掲載。臨床不妊症学におけるARTの最適な入門書となっています。

詳細ご案内

川田ゆかり(IFC社長)著
『いつまで産める?わたしの赤ちゃん ~いま、不妊治療・生殖医療ができること自然妊娠から卵子提供、代理出産まで~』発刊のご案内 <2007年7月>

■川田ゆかり著「いつまで産める?わたしの赤ちゃん」が実業之日本社より刊行されました。全国の書店で好評発売中です。

子どもを授かるために、今、何ができるか? 『グローバルな視点から考えた不妊治療の選択肢のすべて』を集約した『患者様のための』不妊治療の必読本!

詳細ご案内

川田ゆかり(IFC社長)共著
『図説 よくわかる臨床不妊症学 生殖補助医療編』発刊のご案内
<2007年9月>

■IFC社長川田ゆかりが共著者として参加の『図説 よくわかる臨床不妊症学 生殖補助医療編』が中外医学社より刊行されました。全国の紀伊國屋書店等、医学書の取り扱いのある大型書店でお求めいただけます。

最先端の不妊治療・生殖医療の臨床現場で、医療従事者として必ず身につけておきたい知識は何か? 生殖医療の最前線で活躍するIVF医師や医療専門家の共著により、わかりやすいビジュアルを多彩に盛り込んだコ・メディカル(医療従事者)のための貴重な入門書。

詳細ご案内