卵子提供プログラム

日本人卵子ドナーご紹介

エッグドナー(卵子提供者)選択が、ご夫妻にとって大きな意味をもつことを私達は心から理解しています。

とても大切なことだからこそ、弊社IFC卵子提供プログラムでは、日本人ドナー専門のドナー登録機関と専属提携し、心身共に健康で信頼できるエッグドナーのご紹介を行っています。

だからこそ、弊社IFCでは、エッグドナー資料閲覧・選択は、以下どの段階でも可能となっています:

  • 渡米「前」にIFC東京オフィスにて(*)
  • 初回渡米「中」にIFCサンフランシスコ本社にて
  • 必要な場合、初回渡米「後」も、継続してご紹介

(*)IFCプログラムへの正式ご契約前の東京オフィスにおけるドナー資料閲覧については、全予約制の個人面談にて承ります。ご希望の場合は、こちらからお問合せください(IFCプログラムへの正式ご契約前の東京オフィスにおけるドナー資料閲覧は、2回目以降は有料となります。)

   

新規登録のエッグドナーは満21歳以上30歳未満で、過去の提供結果が良いなどの登録者は30歳以上の場合もあります。

日本人エッグドナーは、主婦、学生、社会人など幅広い背景をもち、北米全域及び日本からもボランティア精神をもって志願してくださっています。

レシピアントご夫妻とエッグドナーは匿名関係での提供となりますが、弊社IFC専属のドナー登録機関は、ドナー本人の身元確認はもちろんのこと、詳細且つ厳正な登録前審査を行います。

(IFCでは、ご希望の場合、外人エッグドナーもご紹介いたします。ご希望の場合、初回渡米前お早めに弊社スタッフへお申し付けください。)

ご夫妻が閲覧できるドナー情報

写真

少なくとも一枚、お顔立ちがはっきりわかる写真。
中には子供時代の写真も含め、何枚も提出してくださる場合も。

詳細プロフィール

およそ20ページにわたる詳細プロフィールから、ドナーさんの人となりが読み取れる。
項目は、身長・体重、一重か二重か、健康状態の詳細、学歴、趣味、病歴、家族構成と職業、親族の病気や死因、志望動機他多数。

提供のタイミング情報

ご夫妻への紹介前に、必ず登録機関を通して「実際に検診予約や採卵スケジュールに参加できるタイミングや都合」を確認。提供のタイミングや都合をふまえた上での選択が可能。

過去の提供歴

過去に提供実績がある場合、採卵数と結果情報を提示。
(ただし、過去の提供歴が優良クリニックではない場合、情報を得ることができない場合も。)

エッグドナー審査及び検査

登録前

IFCプログラムでは、ドナー志願者が、適正かつ厳しい審査を経て初めて登録できるような米国の高い水準に従った登録機関としか提携していません。

月経・婦人科系を含む健康状態、異性関係、仕事や学業の状況、普段の生活態度、食生活、採卵及び卵子提供についてのインフォームドコンセントに対する姿勢や理解度、責任感、信頼性、などを熟練の担当者が問診・面接し、登録前の厳正な審査を行います。

【ご注意】

弊社IFC及び提携クリニックは、『見せかけだけのドナー登録数を多くしたり、故意に水増ししたり』するような不正なドナーエージェンシーや、志願者全員を受け入れてしまうようなプログラムとは一切おつきあいしておりません。

インターネットなどで見かける『日本人登録者数百人、早く、安くできます』といった提示に惑わされることなく、適正なプログラムをお選びいただくようご注意ください。

マッチング後

  1. 心理鑑定
  2. 遺伝カウンセリング
  3. 提携クリニックにおける検査:
    身体検査・卵巣/子宮の超音波検診・血液検査・感染症検査・尿検査(ニコチン/違法ドラッグ)・遺伝病検査(脆弱X症候群、嚢胞性繊維症、脊髄性筋萎縮症)・貧血検査
  4. IVF医師との問診・面談
  5. IVFコーディネーターとの問診・投薬説明・注射方法説明

良いご縁を願って

心身共に健康でボランティア精神溢れる好感度の高いドナーさんとの良いご縁がありますように、心をこめてお手伝いさせていただきます。

もし万が一初回渡米中にドナー決定に至らない場合は、ご帰国後も継続してご紹介させていただきます。日本のご自宅にドナー資料一式をお送りいたしますのでご安心ください。