卵子提供プログラム

プログラムの流れと滞在日数

2014年以降、弊社IFC卵子提供プログラムに進まれた日本人患者様の100%がこの着床前全染色体診断(CCS)同時実施を希望されています。

従って、ここでは、着床前診断(CCS:着床前全染色体診断)同時実施を念頭においての米国滞在日数とプログラムの流れをご紹介します。

日本在住ご夫妻の渡米回数と滞在日数

  • ご主人:奥様と共に1回(3泊5日)
  • 奥様 :2回
    • 1回目:初回検診(ご主人と共に3泊5日)
    • 2回目:胚移植(3泊5日)

*個々の状況下で最短日数の渡米滞在が可能となるようコーディネートいたします。

卵子提供+着床前診断(CCS)プログラムの流れは以下の通りです。

エッグドナー(卵子提供者)資料閲覧・選択は、以下どの段階でも可能です:

  • 渡米「前」にIFC東京オフィスにて(*)
  • 初回渡米「中」にIFCサンフランシスコ本社にて
  • 必要な場合、初回渡米「後」も、継続してご紹介

(*)IFCプログラムへの正式ご契約前の東京オフィスにおけるドナー資料閲覧は、2回目以降は有料となります。

  1. 患者様よりお問合せ。(Eメール、電話、FAX、医師等からのご紹介)
  2. IFCより資料、申込用紙を送付。
  3. 患者様とのご相談。(Eメール、電話等。無料)
  4. ご希望の場合、東京オフィスで個人面談(全予約制/無料。ただし、ドナー資料閲覧の場合は、2回目以降有料)。
  5. IFC東京オフィス宛に申込書と申込み手数料の送付。
  6. 申込み内容を提携クリニックに打診し受け入れ確認。
  7. IFC業務についてのご契約。
  8. 渡米日程の決定とクリニック提出書類の準備。
  9. 第一回渡米検診、遺伝カウンセリング及び心理カウンセリング、ドナー紹介(未選択の場合)。(ご夫妻共に基本的に3泊5日 )
  10. ご夫婦がお気に召すドナーさんを選択されるまで、日本ご帰国後でも継続してドナー紹介いたします。
  11. ドナーの心理鑑定、ドナーとの契約、ドナーの医療検診、血液検査、及び遺伝カウンセリング。
  12. ドナーからの採卵・体外受精後、受精卵に着床前診断(CCS)実施。受精卵は凍結保存。
  13. 着床前診断(CCS)の結果報告(採卵後およそ3週間)
  14. 奥様のご都合に合わせ、第二回渡米にて胚移植(3泊5日。ご主人様渡米不要)
  15. 日本ご帰国後に妊娠判定/妊娠期を過ごし、出産。